利用規約

arTradition規約

本規約は公益財団法人 手織技術振興財団 (以下当財団)が主催する「arTradition」を通じて作品を売買する際の諸規則を定めたものです。事前によくお読みいただき、各条項をご了解の上ご参加ください。当財団にて作品を入札した(ビッド) および売買契約が成立した時点で、その該当者および関係者はこの規約に同意したものとみなします。ただし、当財団との間で別途契約や同意がある場合は、その契約や同意を優先いたします。

1、オークションへの入札は、あらかじめ参加登録を済ませた方に限ります。万一、登録者本人以外の方がオークションに参加し商品を落札された場合、その商品代金の支払いについては登録者の責任となります。オークションには原則的に登録された方はどなたでも参加可能ですが、当財団の自由裁量により参加をお断りする場合があります。

2、事前の参考情報はあくまでも当財団の評価と意見であり、売買の根拠を構成するもので はありません。また、作品写真はあくまで判断の目安として供するもので、現物の色調や色彩を正確に伝えるものではありません。したがって当財団は、参考情報に関して何らの法的な義務を負うものではありません。

3、オンラインにて、リアルタイムで競売に参加いただけます。以下のような理由により購買希望のロットが落札できないことや誤った落札がされることが想定されますが、当財団は理由の如何を問わず責任を負いません。

    • 回線不通、本システムあるいは本システムを搭載するサーバーのトラブル等による場合
    • 誤入力、誤操作による場合

 

4、「arTradition」は登録済みの参加者による競り売り方式で運営され、日本円を表示および決済通貨といたします。当財団は落札者からロット番号一つにつき落札額の10%を落札手数料として申し受けます。

5、落札者はオークション時間内にサイトにて最終的に入札した最高額入札者となります。この時点で当財団を代理人とする売主と落札者との間の売買契約が成立します。落札者は当財団から要請があった場合、落札後に当財団所定の落札確認書に署名・捺印していただくことがあります。落札されたロットの落札額と落札者をめぐり紛争が生じた場合は、当財団の記録のみにより裁定する ものとします。なお、落札された場合、作品・額の状態などを含むいかなる理由でもキャンセルはできません。

6、落札したロットの落札額に落札手数料10%を合計した総額が、落札者が当財団に支払う購入代金となります。落札者は購入代金の全額をクレジットカードにてお支払い頂くか、又は1,000万円以上のお支払いについては、オークション開催の1 0日以内に指定口座に支払わねばなりません。

7、購入代金全額の支払いが当財団にて確認された時点で、落札ロットの所有権は落札者に帰し、落札ロットの引渡しにより売買は完了いたします。当財団は落札者の費用負担 (梱包費、配送費の合計料金着払い)により、出品者の選定した業者に依頼して、落札ロットの梱包、配送の手配をいたしますが、業者選定に関わる責任は一切負いません。

8、支払い完了後の落札ロットに対する危険負担はすべて落札者の責任となります。落札後のロットに対し、落札者独自の判断に基づく付保額で付保したい場合は、当財団に連絡の上、自らの負担と手配で付保してください。ただし、当財団又は出品者は、引渡し完了まで無償で保管し、付保しますが、支払い・引渡しの期限である1 4日間を最長期限といたします。また、当財団が落札物の梱包、配送を請け負った場合、安全に落札者の手元に届けるべく最善を尽くしますが万一、額、ガラス等に破損が生じても修理、補償の義務を負いませんのでご注意ください。また、落札ロットを海外に配送する場合、当財団は一切付保いたしませんので必ず落札者 が自らの負担と手配で付保してください。

9、作品の中には「絶滅の恐れのある野生動植物の種の保存に関する法律」によって規制されている、象牙、ワニ革、べっ甲、骨、毛皮、珊瑚類を使用している作品が含まれている場合があり、それらの作品を国外へ輸出することは禁止されています。また輸出入が規制されている国・地 域には国際発送が出来ません。これらの作品を落札された際は、すべて当財団にてのお引き取り、または国内への発送となります。

10、支払期限を経過しても、購入代金全額の支払いが落札者によってなされない場合、落札者は当財団に対し支払い期限日の翌日から支払い済みに至るまでの期間、購入代金の未払残金に対して年率1 4 . 6 %の割合による延滞損害金を購入代金に加算して支払わなければなりません。

11、支払い期限を過ぎ、当財団が落札者に購入代金等の全額の支払いを催告しても支払いがなされない場合、当財団は落札者との売買契約を解除する権利を保有します。また、当財団に登録された住所に誤りなく送付された支払い催告状が受取人不在、転居先不明または受け取りが拒否された場合も、当財団は落札者に売買契約履行の意思がないものと見なし、売買契約を解除する権利を保有します。売買契約は、当財団が落札者の登録住所に解除通知を発送した時点で受取人の住所不明、受取り拒否に関わりなく、解除されたものといたします。

また この場合、当財団は何らの義務を負うことなく、落札者の会員としての諸権利を取り消すことができるものとします。

12、売買契約が解除された場合、契約解除された落札者は、落札ロットに対する一切の権利を喪失し、当財団はその落札者に通告することなく改めて当該ロットを競売に付すか第三者に売却する権利を保有します。再競売における購入代金または売却における売却価額が、その落札者が支払うはずであった購入代金を下回った場合、当財団はその落札者に対してその差額負担と支払い不履行によって生じたすべての費用を損害賠償として請求する権利を保有します。

本件条項に関する一切の訴訟については、京都地方裁判所、京都簡易裁判所を第一審の管轄裁判所とすることを専属的に合意します。