Dante Odyssey / 吉川博也× ジャンルカ・マルジェーリ

このオークションは終了しました

カテゴリー:京友禅

まだ入札はありません。

サイズ:H180cm×W30cm

吉川染匠4代目吉川博也とイタリア人作家ジャンルカ・マルジェーリのコラボレート作品。

友禅の原型技法「糸目のり置き」を採用。
線一本一本にのりを置き、その上から白い生地に細い線でのりを置き、黒に染めている。

吉川博也
1967年京都生まれ。1986年18歳で実家の染匠を継承すべく同業他社へ入社。
10年間の修行を経てのれん分けを許され、創業140年の家業である吉川染匠の四代目として現在に至る。
京都に生まれ育ち養われた感性と、京都の職人と共に京都で作りあげられたものこそ京友禅と考え、
糸目友禅染を主体に絞り染、引染めぼかしを一枚の着物の中に渾然と溶け込ませ、
本格的で安心感のある現代空間にマッチしたきもの創りを目指す。

ジャンルカ・マルジェーリ
1974年イタリア、レッジョ・カラーブリア生まれ。ベルリン、東京に在住。
2000年にイタリア国立美術アカデミー・フィレンツェ校を卒業。
1997年に Claudio Marra のキュレーション、ボローニャのギャラリーGraffioで最初の個展。
翌年、フィレンツェのパブリックスペースで最初のインスタレーション「Benedetton」を開催。
2007年ローマのギャラリーMagazzinoで作品展示。また同ギャラリーで「Insha Allah」( 2011)、「Homo Ludens」(2015)、その他、2009年と 2012年にグループ展に参加。2011年、2015年にフランス、ムーランのギャラリーContinuaでのグループ展「Sphères 4」 にて展示。また、2015年にはヴェネツィア・ビエンナーレと連動したグループ展「Edge of Chaos」(イタリア、ヴェネツィア “Casa Donati”)に参加。写真からドローイング、インスタレーションからコラージュまで、さまざまなテクニックを駆使しつつ、
あらゆる観点から軽妙かつ自律的な作品の展開を続ける。