animus / 板坂諭×若林佛具製作所

このオークションは終了しました

カテゴリー:京仏壇 京仏具

まだ入札はありません。

サイズ: W27cm × D17cm × H6.6cm
素材: 木地(松材) 本漆(堤漆魁 色調合) 金箔 銅 真鍮

京都の仏壇・仏具職人は、各工程が分業によって成立しており、細かいものまで入れると20職種にも及びます。木地、彫刻、漆、箔、金具、彩色、蒔絵、鍛金、鋳金など職人の集合体で、それぞれ工程の流れによって製品が仕上がっていきます。
仏具職人の技術はその素材や工程の多様性からさまざまな表現が可能で、仏壇・仏具にとどまらず他の分野においても強みを発揮します。限定生産や一品ものが多いデザイン、アート作品に強みを発揮する職人集団として、新たな需要によって技術を守り、継承し、後継者育成につなげることを目指しています。

animusは、6名のクリエイターと組んだraison dʻêtre (レゾンデートル)事業の作品の一つです。raison dʻêtreはフランス語で存在意義を意味し、事業目的が2つあります。
・仏壇という祈りの場所の存在意義を問い直すこと。
・京都の仏壇・仏具職人の技術を他業界の方々に広く知ってもらうこと。

居住空間やライフスタイルの変化とともに移り変わってきた“祈りのカタチ”。
その中で仏壇の必要性自体にも変化が起こっています。
仏壇には寺院をミニチュア化した建造物、家という空間に家具として配置するもの、手を合わせる祈りの対象としてのオブジェという3つのアイデンティティがあると考えます。
それぞれをプロダクトデザイナー、建築家、アーティストと再編成。
そこに職人を掛け合わせ、仏壇の持つ意味やこれからの暮らしの中でのあるべき姿を見つめなおすことで、手を合わせる行為、場所や時間の大切さを問い直していくことを目指しています。
仏壇を現代の建築物や生活空間、そしてインテリアの中にどのように取り入れるのか、ライフスタイルが変化している中で、6名それぞれの考える「祈り」を表現してもらいました。

板坂 諭氏のデザインによるこの作品は、外側が木地で中身は全て金属製の道具、しかもそれが全て手仕事による一点ものです。容器となる木地は木の塊をくり抜いて上下を合わせ、道具類は銅板を切って、叩いて、曲げて一つずつ丁寧に作られています。

板坂 諭氏のコメント
永く残る仏壇のあるべき姿を模索する中で、大きく変化した現代人の価値観を仏壇という伝統的な素材と掛け合わせたとき、まずは思想や国、時代に関わらず、さらには人でもペットでもいつかはこの世を去り、残されたものは故人を想い、弔うという事実に着目した。その根本的な原則は、伝統的な約束事や宗教的な様式に縛られる必要がなく世界に共通した思想である。その結果、官能的で狂気をも秘めた形状で生と死の表現を纏い、故人への想い、故人の遺品(遺データ)を格納できる花器が生まれた。この仏壇は愛する故人へ向けて鎮魂と新生の祈りを込めた花を手向けることで完成する。

若林佛具製作所
1830年創業、京都・七条の地で永きにわたって仏壇・仏具製作一筋に歩んできた。
仏壇の製造・販売だけでなく、職人の技術をより多くの場で生かすべく
近年では国宝・重要文化財に代表される文化財修復にも携わる。
また、「仏壇という祈りの場所の存在意義を問い直すこと」「京都の仏壇・仏具職人の技術を他業界の方々に広く知ってもらうこと」を目的に、6名のクリエイターと組んだ「raison dʻêtre (レゾンデートル)事業」を行う。限定生産や一品ものが多いデザイン、アート作品に強みを発揮する職人集団として、新たな需要によって技術を守り、継承することを目指している。