七宝 香炉 / 勝見 光山

このオークションは終了しました

カテゴリー:京焼・清水焼

まだ入札はありません。

サイズ: 胴回り約12cm 高さ約14cm
素材: 陶器

京焼・清水焼の絵付けの技法ですべて手作業にて細かい七宝柄を書き込んでいます。
京焼・清 水焼ならではの細やかなものになっています。

勝見光山
明治32年 初代光山京都五條坂に開窯
昭和9年 二代目光山の長男として生まれる
昭和45年 溫健なる作風を示し伝統茶陶の光山焼を完成した二代目光山没す
昭和45年 二代目光山の遺志を継ぎ山科の清水焼団地へ開窯
昭和49年 伝統光山焼の陶法を維持しながら更に新しく交趾の技法を取り入れ繊細で優美な作風に練磨を続けている
昭和57年 「京焼・清水焼展」市長賞受賞