オーロラシルクレザーバッグ/生地デザイン: 民谷共路 バッグデザイン: ジェロームシュミット

このオークションは終了しました

まだ入札はありません。

サイズ: W18cm×D8cm×H48cm
素材: 牛革 絹

モダンジャポニスムをテーマに、きものにも洋服にも持てるバッグを
フランス人のバッグデザイナージェローム シュミット氏とのコラボレーションで製作しました。
ジェローム シュミット氏は有名ブランド、ジャンポールゴルチエでバッグデザイン担当として活躍。
その後独立し、バッグのデザイン会社を立ち上げ現在活躍されています。
バッグの素材には、「引き箔」という伝統的織技法を用い、細く裁断した牛革を緯糸として絹糸と共に織り上げた生地を
使用しています。牛革には姫路のタンナーによる独特な染がなされており、トップを黒に、スエード部を青に染め分けてあります。革の裁断面の青色が織組織の中から角度によって見え隠れすることで、オーロラのごとく色が変化して見えます。
バッグの形は、ジェローム シュミット氏がこのコラボレーションのために風呂敷のつつみ方を習得し、
そのインスピレーションをもとに考案したものです。
その記念すべき始めての作が今回の作品です。

民谷共路
京丹後市の織物会社「民谷螺鈿」二代目。
2006年からパリで展示会を開催し、2013年からは世界最大の生地見本市「プルミエールビジョン」に設けられた「メゾン・デクセプション」に招聘され出展を続けている。
2017年にはパリに拠点を置くオートクチュールブランド「on aura tout vu(オノラトゥヴュ)」がパリ・コレクションにて丹後織物を使用したドレスを発表。
独自の技術を打ち出しながら、海外市場で求められる規格やデザインを生み出している。